【英語なぞなぞ】子供も大人も楽しめる問題&解説 -PART 12-

こどもたちが大好きな「なぞなぞ」は、英語ではriddle(s)といいます。

英語のなぞなぞで有名なものやおもしろいものをいくつか、解説付きでご紹介します。


1. Ghosts Never Lie

Why are ghosts bad at lying?

おばけが嘘をつけないのは、どうして?

【答え】
Because you can see right through them.(「見透かす」ことができるから)

【解説】
おばけが物理的に透けることと、心の中を見透かす、というのをかけています。

2. No Life

I have no life, but I can die, what am I?

生きてないけど、死んでしまう。私は誰?

【答え】
A battery.(電池)

【解説】
dieはとても便利に使える動詞です。植物が枯れるときや火・光・音にも使います。
「スマホのバッテリーが切れそう!」等という時も、dieを使います。

3. A Three-Digit Number

I am a three-digit number. My tens digit is five more than my one’s digit. My hundreds digit is eight less than my tens digit. What number am I?

私は3桁の数字。10の位は1の位より、5多い。100の位は10の位の数字より、8少ない。私は何?(答えの数字は?)

【答え】
194.

【解説】
普通の算数の計算でした。
“more than” “less than” だったり、xx digit というフレーズに慣れていないと、解き始めるまでに時間がかかるかもしれませんね。

4. Make an Octopus Laugh

How can you make an octopus laugh?

タコを笑わせるにはどうしたらいい?

【答え】
Ten tickles.(10回くすぐる)

【解説】
“ten tickles” と “tentacles(触手)”の言葉遊び。
日本語だけでは、絶対に解けないタイプのなぞなぞです。

5. Bricks and Feathers

Which is heavier: a ton of bricks or a ton of feathers?

レンガ1トンと、羽根1トン。どっちが重い?

【答え】
Both weigh the same.(どちらも同じ)

【解説】
ひっかけですね~。
日本語にも同じようななぞなぞがあった気がします。



いくつか解いていくと、何通りかのパターンが見えてきます。なぞなぞの自作にチャレンジするのも楽しそうですね。

「他にもなぞなぞを解いてみたい!」という方はこちらもどうぞ!


@mitomama_eigoさんをフォロー

 @mitomama_eigoをフォロー