【ACET(児童英語検定)】ってどんな特徴?対象年齢は?

今回は実用英語技能検定(英検)やTOEFL、TOEICとはまた違うACETを紹介します。


ACETとは

acet

ACETとは全国児童英語検定協会というところがやっているテストで、子供向けの英語検定試験の一つです。

7級~1級まであり、7級に関しては自宅で受験できます

公式サイトはこちら。

http://www.acet-test.com/

対象者

3歳くらいから小学生を対象としています。

合否

合否が出ます。合格者には合格証書が交付されます。

スピーキング(30点)、それ以外(70点)の合計が60%以上で合格ですが、スピーキングは最低30%必要です。

内容

リスニング・スピーキング・ライティング・リーディングの4技能をテストします。

全部で1時間程度の試験です。


サンプルを見てみよう

こちらからサンプルを見ることができます。

http://www.acet-test.com/

サンプルは、各級1問のみ(リスニング)のようですね。級が上がるにつれ、少しずつ音声が長くなっていきます。

1級でも「質問1」「問題1」など、ところどころ日本語で指示が入ります。また、どの級も音声は2回ずつ流れます

これって本番と同じ音質なんでしょうか……スピードや発音がどうのというより音として聞き取りづらいです。

受験方法

まずは電話で申込書を取り寄せる必要があります

問い合わせ先はこちら(お住まいの地域に合わせて選んでください)

http://www.acet-test.com/

情報の一つとして記事にしましたが、個人的には申し込みの面倒臭さやサンプルを見た感じだと、そこまでして受けなくてもいいかな……という印象です。TOEFL Primaryとかの方が役に立ちそうです。


@mitomama_eigoさんをフォロー

 @mitomama_eigoをフォロー

【ACET(児童英語検定)】ってどんな特徴?対象年齢は?” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。