【英検Jr.】どんな資格?

英語の資格なんてうちの息子にはまだまだ先の話ではあります(汗)
でも英語育児が順調に進んでいる・もしくは将来のために知っておきたいママ達向けにまずは英検Jr.について書きたいと思います!

【英検Jr.】どんな資格?

英検Jr. ってなに?

特徴

英検Jr. はみなさんご存知のいわゆる『英検』の一歩手前のテストです。

英検は一番低い英検5級でも基本的な英単語や英文を『聞く』『読む』力が必要。

でも英検Jr. なら耳で英語を理解できるレベルに達していれば受験が可能です。

小学校の外国語活動に対応

もちろんまだ小学生じゃなくても受験はできますが、小学生であれば授業の延長として受験できますね。

オールリスニングのテスト

英語を読めなくても大丈夫なので、日頃のかけ流しやインプットの効果測定にも使えるそうです。

合否のない『育成型』

最初から合格、不合格がはっきりしてしまうテストよりはあくまで『自分がどれくらい出来ているのか』がわかるテストなのでやる気も持続します。

オールカラーのテスト

子供はカラフルなものが大好き。

こういう細かい部分も『楽しそう』『受けてみたい』と思ってもらうために実は大事なポイントです。

3つのグレード

ブロンズ、シルバー、ゴールドの3つに分かれています。まずはブロンズから!ゴールドを受験できるようになれば英検5級にも近づきます。

客観性の高いデータ

年齢や英語経験が同じ受験者の平均が出るので、自分の実力を確かめやすいです。


受験形式

●ペーパー版

受験料:BRONZE 2,500円/SILVER 2,700円/GOLD 2,900円

●オンライン版

受験料:BRONZE 2,300円/SILVER 2,500円/GOLD 2,700円(有効期限3ヶ月)

オンライン版の方が若干お得ですし、自宅のパソコンで受験が出来るのは小さなお子さんでも安心!

パソコン操作も自分で出来ることが理想ですが、お子さんのマウス操作がまだおぼつかない・・・という場合には横で親御さんがマウス操作だけお手伝いしてしまっても良いかもしれません。
(ですが一応テストなので、あくまでマウス操作のみのフォローが鉄則。)

我が家なら、マウス操作もきちんと一人で出来るようになる年齢まで受験はしないと思います。
というのも、それくらいの年齢にならないと質問の意味を理解できるだけの英語力はついていないんじゃないかという予測です(笑)



対象年齢

年齢制限はありません

ですが英語力としては、まずは英語の質問を理解出来ることが大前提。
そして、聞いている内容に合った回答を選ぶ判断力も必要です。



どうやって準備する?

個人的には、英検Jr.は合否が出るわけではないので特別な対策は必要ないかなと思います。

ですが何も中身を知らずに受けるのも不安。そこで公式HPにて無料で公開されているテスト内容のサンプル問題が活用できそうです。

ブロンズレベルのサンプルを見る

https://www.eiken.or.jp/eiken-junior/exam/bronze.html

実際にどんな感じなのか、サンプル問題(ブロンズ)をやってみました!
★★★注意★★★
サンプル問題の中身はお子さんがやるまで見たくないという方はスルーしてくださいね。

1. 絵にあう文は?

2. Yesか?Noか?

3. 3ヒントクイズ

4. 文にあう絵は?

5. お話にあう絵は?

6. みんなにきいてみよう

7. どうすればいいかな?

チャレンジコーナー



せっかく無料ですし、これで十分対策になると思います。

まとめ

英検Jr. はリスニングのみ

対策は公式HPのサンプル問題で!

オンライン版の受験がおすすめ


英語資格、あまり堅く考えすぎずにまずは知ることから始めましょう!


@mitomama_eigoさんをフォロー

 @mitomama_eigoをフォロー