【リス】が主役の英語絵本★おすすめ6選★

今回はリスの出てくる英語絵本をご紹介します。

リス(栗鼠)はネズミの仲間なので、絵本でも仲良く一緒に登場するものも多いです。ただ、ネズミはまた別の記事にまとめる予定なので、今回はなるべくリスに焦点を当ててみました。

リスは英語でsquirrelといいます。発音もスペルもちょっと難しいですが、絵本を読んでいるうちに慣れてしまうかもしれませんね。


リスの英語絵本 おすすめ6選

日本語版が出ているものは日本語タイトルも記載しています。また、読み聞かせの難易度を3段階(★~★★★)で示しています。

The Busy Little Squirrel

created by Rinker
Little Simon
¥1,775 (2020/11/27 08:59:37時点 Amazon調べ-詳細)

冬に備え、リスは準備を始めます。「ちょっと休んでいかない?」「遊ぼうよ」と別の動物たちに誘われますが、とっても忙しいのでそれどころではありません。

Will you~?” と誘ったり、お断りする理由としての “He was so busy!” のフレーズが繰り返し出てきます。
また、ネズミは “squeak, squeak“、鳥は “sweet, sweet” 等、様々な動物の鳴き声にも親しむことができるようになっています

1ページにつき2行程度の短く、かんたんな英語のみの絵本です。

タイトル
The Busy Little Squirrel
日本語タイトル
作者
Nancy Tafuri (著, イラスト)
難易度
★☆☆

Cyril and Pat ともだちになろう―シリルとパット

created by Rinker
¥1,062 (2020/11/27 08:59:38時点 Amazon調べ-詳細)

公園でたった1匹のリス、シリル。ひとりぼっちで寂しく暮らしていましたが、ある日パットという名前の友達ができます。一緒に食べたり、かくれんぼをしたり、2匹はとても仲良しです。ですが実は、パットはリスではなくネズミだったと分かり……?

動物の魅力をこれでもかというくらい引き出す、Emily Gravettの絵本! 主役のリスも、友達のネズミも本当にカワイイ! もちろんゲスト出演する他の動物たちも最高!!

文章の方に注目すると、他の動物たちがシリルに向かって言う “can’t you see that..“Your frined’s a…” というフレーズが繰り返し出てきます。これが、前半と後半でちょっと違う感じで使われていくので、そのあたりの面白さもじっくり味わってみてください。

タイトル
Cyril and Pat
日本語タイトル
ともだちになろう―シリルとパット
作者
Emily Gravett (著)
難易度
★★☆

I Want That Nut!

created by Rinker
¥2,069 (2020/11/27 08:59:38時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもネズミとのお話です。リスはリスでも、この本ではシマリス(Chipmunk)が登場します。一応、普通のリス(squirrel)も登場しますが一瞬です。

大きくてきれいなナッツを見つけたシマリスくんとネズミくん。2匹とも、それを自分の物にしたくてたまりません。ケンカをして取り合うというよりは、ゆるい感じの頭脳戦が繰り広げられるストーリー。最後も平和的に解決します。

一時的にナッツを手に入れた側は、そのナッツと一緒にお昼寝したり、ダンスをしたりしますコミカルなイラストとストーリーに、小さな子供も夢中になりそうな一冊

タイトル
I Want That Nut!
日本語タイトル
作者
Madeline Valentine (著)
難易度
★★☆

Who Stole the Hazelnuts?

created by Rinker
NorthSouth Books
¥2,059 (2020/11/27 08:59:39時点 Amazon調べ-詳細)

表紙のイラストだけでめちゃくちゃインパクトのある絵本!

リスくんの大切なヘーゼルナッツが無くなってしまいました。誰かが盗んだに違いありません。仲間の動物たちに、順番に疑いをかけていきます。果たしてナッツはどこに?

「(盗んだのは)ボクじゃないよ!」という時の “I know for a fact it isn’t me.” が何度も出てきます。

話のテンポもよく、きれいにオチもついているし、読者を飽きさせないお話作りがうまいなーと感じます
文章が数行にわたるページもありますが、おもしろいのでぜひ読んでみて欲しいです。

タイトル
Who Stole the Hazelnuts?
日本語タイトル
作者
Marcus Pfister (著)
難易度
★★★

同じ作者の絵本

作者のマーカス・フィスターといえば、「にじいろのさかな(The Rainbow Fish)」が一番有名かと思います。読んだことはなくても、表紙に見覚えがある、という方は多いのでは?

……ですが、個人的には「うさぎのホッパー(Hopper)」が大好きでした!

created by Rinker

昔の本ということもあり、こっちは中古ばっかりですね~。キンドルで出してくれると嬉しいんですが……。

Squirrels Leap, Squirrels Sleep

created by Rinker
Henry Holt & Company
¥2,053 (2020/11/27 08:59:41時点 Amazon調べ-詳細)

リスの生態や特徴を、シンプルな英語で紹介しています。

出てくる名詞や動詞は全て、分かりやすいイラストから把握できるようになっています。小さな子供に見せながら読むのにおすすめです。

タイトル
Squirrels Leap, Squirrels Sleep
日本語タイトル
作者
April Pulley Sayre (著), Steve Jenkins (イラスト)
難易度
★☆☆

I’m Sticking with You

created by Rinker
¥1,113 (2020/11/27 08:59:42時点 Amazon調べ-詳細)

うまくいかないこともあるけど、やっぱり相手が隣にいないとさみしい。なんだかんだでずっと一緒にいる、仲良しのリスとクマのお話です。

体の大きいクマと、小さいリス。2人でシーソーをすればリスは吹っ飛んでいってしまったり、クマのくしゃみでリスの家を破壊してしまったり……ちぐはぐな様子が描かれます。後半でこれらが解決していく様子には、思わずニッコリしてしまいます。

クマのセリフは太い文字で、リスのセリフは細い文字で書かれていて、混乱しないようになっています。

wherever” と “whatever” が何度も出てきます。”whether…or…” というのもちょこちょこ出てくるので、文法的なことは分からなくてもなんとなく使い方を覚えてしまいそうです。

タイトル
I’m Sticking with You
日本語タイトル
作者
Smriti Halls (著), Steve Small (イラスト)
難易度
★★☆

有名なリスのキャラクターの絵本

リスの登場する英語絵本をご紹介しました。

リスといえば、ピーターラビットにも登場していたなあと思い出し、こちらも改めて読んでみました。
タイトルの「The Tale of Squirrel Nutkin」は、日本語では「りすのナトキンのおはなし」になっています。

created by Rinker
Warne Frederick & Company
¥917 (2020/11/27 08:59:42時点 Amazon調べ-詳細)

読み聞かせに使うにはちょっと長く感じるかもしれません。単語も少し難しいです。どちらかといえば、自分で読むのにおすすめです。

日・英の対訳版も出ているみたいです。

慣れるまではちょっと読みづらいですが、電子書籍なら無料でも読めますよ。「英語の難易度が不安だけど興味はある」という方はとりあえずこちらをどうぞ!


他の動物が出てくる英語絵本も見てみたい、という方はこちらから探してみてください。


@mitomama_eigoさんをフォロー

 @mitomama_eigoをフォロー