【U-NEXT】の字幕映画は英語の勉強になる? おススメ動画と便利機能も紹介!

【U-NEXT】の字幕映画は英語の勉強になる? おススメ動画と便利機能も紹介!

とにかくたくさん映画を見たい
洋画が大好き! 吹き替えより字幕で見たいな

そんなあなたにおすすめなのがU-NEXT(ユーネクスト)です。

動画配信サービスとしての有名どころは他に、Hulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス / ネトフリ)がありますが、その中でも洋画・海外ドラマに関しては圧倒的な数を配信しているのがU-NEXT

英語の勉強にも使えるかな?」と考えている場合は字幕や吹き替えなどの機能についても気になるところですよね。

この記事では、U-NEXTを英語学習にどう役立てていけるかを解説します。また、料金システムの説明・注意点や、おすすめの動画なども紹介しています。

外出はまだ少し不安で引きこもりがちになる今、「動画サービスに登録したいけど、どれがいいんだろう?」と迷っている場合も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

U-NEXTは洋画・海外ドラマに強い!

U-NEXTの魅力は何といっても圧倒的な動画数です。「ないエンタメがない」をキャッチコピーにするだけのことはあります。

2020年5月時点で、映画・ドラマ・アニメなど最新作から名作まで、180,000本以上以上を配信しています。特に洋画の配信数に関しては、HuluやNetflixなどの他動画配信サービスに比べ圧倒的に多いのが特徴です。

実際にU-NEXTで検索してみたところ、洋画の数は6,354本、海外ドラマは929本でした。吹き替えのみのものもありますが、ほとんどが字幕に対応しています。

動画ジャンル作品数字幕対応吹き替え対応
洋画6,3546,2431,894
海外ドラマ929916486

2020年9月1日時点の数

「吹き替えがいい!」という方にとってはちょっと残念かもしれませんが、こちらの記事を見てくれている方の多くは「英語の勉強に役立てたい」と思っていると思いますので、問題ないかな~と思います。

U-NEXTの便利な機能

せっかく映画やドラマを見るなら、見ることだけに集中したいものです。そのため、「ちょっと便利な機能」というのが「快適な動画視聴」にはものすごく重要になることもあります。

絞り込み検索機能が使いやすい

U-NEXTは絞り込み検索がとても使いやすく、ストレスになりません。

先に紹介した動画数の表で、数字がぱぱっと出てきたのはこの機能のおかげです。「洋画」を選択した後、さらに「字幕あり・字幕なし」で絞り込むことができます。

絞り込み機能が使いやすい

全体の動画数が多いからこそ、検索はしやすい方がいいですよね。

ダウンロードして通勤・通学中にも視聴可能

さて、便利な機能といえば「ダウンロード機能」です。HuluやNetflixも対応していますが、もちろんU-NEXTでもダウンロード視聴ができます!

自宅などWi-Fi環境があるところでダウンロードしておけば、オフラインでも視聴可能なので「外出先で映画を見ていたら通信料が大変なことになった!」なんてことが起こりません。

スロー再生(速度調整)ができる!

早送り・早戻し・スキップの機能はだいたいどの動画サービスでもありますが、「スロー再生」というのは使えないところもあります。

Netflixは未対応、Huluは一部デバイスでのみ対応ですが、U-NEXTはPC、タブレット、スマホなど様々なデバイスで速度調整に対応しています!

これについては後ほどまた説明します。

無料トライアルで確認してみる

※U-NEXT公式サイトに飛びます。

U-NEXTを英語の勉強にどう役立てるか

この記事を読んでくれている方は、
U-NEXTで洋画や海外ドラマをたくさん見て、英語の勉強になったらいいなあ
と思っていらっしゃると思うので、以下の3つをチェックしてみましょう。

  1. 字幕の表示について
  2. スロー再生について
  3. 取り扱いジャンルについて

一つ一つ確認していきましょう。

字幕の表示について

U-NEXTでは日本語字幕に対応している作品はたくさんあります。
ですが、「英語字幕」というものはありません。また、日本語の字幕も消すことができません

これが、U-NEXTを英語の勉強に本格的に使うとなると少し不便な部分と言えます。

ただ、あくまで娯楽の一つとして動画視聴を位置づけ、「ついでにちょっと英語聞けたらいいな」ということであればあまり気にしなくてもいいかなと個人的には思います。

特に英語学習初心者の方については、「日本語の字幕」を見ながら英語を聞くとそれが補助となって聞き取りやすくなります。もちろん日本語なので即座に意味もわかり、一石二鳥です!

このシーンのこの表現だけ、ちょっと気になるな~」というときにはネットでスクリプトを検索すれば割とすぐに見つかるはずです。そうして、少しずつ勉強に使う方が挫折することもなく、初心者の方にはお勧めです。

どうしても日本語字幕を見たくない、という時は画面に直接マスキングテープを貼るなどで対応してください。100均にもいっぱいあります。

スロー再生について

先に少し触れた、スロー再生です。
U-NEXTでは多くのデバイスで再生速度の調整ができるようになっています

英語字幕が出ない分、この速度調整を活用してスピードを下げることで「ああ! こう言ってたんだ!」と解決できることも多いと思います。

スロー再生した音声も、音が変になることもなく想像以上にクリアです。

取り扱いジャンルについて

取り扱いジャンルは自分自身の好みや、英語のレベルを考えてチェックしてみてください。
U-NEXTの取り扱いジャンルは、(洋画の中では)アクション、SF、サスペンス・ミステリー、コメディ、ホラー、ファンタジー、アニメ、クラシックなど多岐にわたります。

これだけあれば「気に入るものが一つもない!」なんてことは無いと思いますが、有料登録の前には必ずチェックしてくださいね。英語学習初心者の方やお子さんには、やっぱりアニメがお勧めです。

無料トライアルもありますので、そこで先に確認しましょう。

確認してみる

※U-NEXT公式サイトに飛びます。

U-NEXTのおススメ動画

たくさんの動画があるU-NEXTですが、最初はたくさんありすぎて逆に困ってしまうかもしれませんね。いくつかおすすめの動画を、英語がかんたんな順にご紹介します!

劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし

ミッフィーがお友達と歌いながら、宝探しをするお話です。

難しい単語もなく、英語学習初心者や子供には最適です(オランダ語じゃなくてちゃんと英語なので安心してください)
しっかり子ども向けに作られているため、ゆっくりはっきりしゃべってくれます。

たまにミッフィーちゃんが視聴者に「みんなは知ってる?」「一緒に歌おう!」というように話しかけてくれます。挿入歌も多く、思わず一緒に体を揺らしてしまうほどです。

The Peanuts Movie

何をやってもうまくいかない丸頭の男の子、チャーリーブラウン。ある日転校してきた赤毛の女の子に恋をするお話です。

ミッフィーよりは若干スピード早めですが、やはりアニメは「きれいに録音された声」なので聞き取りやすいです。

皮肉めいたセリフをサクッと言ってくるのがピーナッツの物語の魅力の一つ。
絵はCGで立体的に、スヌーピーもふわふわになりましたが、単語のチョイスや言い回しは相変わらずのノリだと感じます。スヌーピーは若干フレンドリーになったかな?(笑)

フォレスト・ガンプ 一期一会

人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない」が有名な映画。多くの人に支えられながら成功を納めていく主人公・フォレストガンプの半生を描いたヒューマンドラマです。

実写映画ではあるものの、全体的にかなり聞き取りやすいです。

名探偵ピカチュウ

主人公・ティムの前に突然現れた喋るピカチュウ。主人公の父親についての謎を追う、SFアドベンチャーです。

シワシワピカチュウで話題になった映画ですね。

英語に関してはそこそこのスピードで浴びせられて最初はヒェッとなるかもしれません。ただ、ストーリー自体はそこまで複雑ではないので気軽に見れる映画だと思います。ポケモンの名前はピカチュウ以外は日本語名と違うものもありますが、少しでもポケモンをやったことがある場合は音楽も懐かしく感じて楽しめると思います。

コンスタンティン

主人公・コンスタンティンは天使や悪魔が見えてしまう能力を持つ探偵。過去に起こした自殺未遂の罪を償うため、その能力を活かし悪魔祓いを行っています。

アメコミが原作のファンタジーアクション映画です。全体的に宗教色が強く、キリスト教の知識があればより楽しめる構成になっています。日本でもテレビで放映されたことがありますが、最後の、個人的には一番好きな部分がカットされてしまっていたので残念。ぜひ最後まで見て痛快さを味わってください!!

主人公が探偵ということで、もそもそ呟きながら考えるシーンも多く、サッパリ聞き取れない部分もあると思います。日本語字幕を補助として有効活用しましょう。

この他、例えば「ジャンル」を「クラシック」にすると昔の映画もたくさん出てきます。有名な作品は学校の授業で扱うこともあるので学生さんには時間のある時にぜひ見ておくことをお勧めします

その他、日本でもずっと放送されていた「ER」「デスパレートな妻たち」といったものもありますよ~!

U-NEXTの使い方・料金システム

U-NEXTはここまででご説明した通り、圧倒的な動画数でぶっちぎりの人気を誇っていそうですが、システムの分かりづらさが若干足を引っ張っているのでは、と個人的には思っています。

使っていれば分かってくるのですが、できれば理解してから登録したいですよね。
ここからは一番気になる料金システムについて解説します。

「見放題作品」と「レンタル作品」って?

例えばHuluの場合はとてもシンプルで、登録すれば全ての動画を好きに見ることができます。一方、U-NEXTには動画ごとに「見放題作品」と「レンタル作品」という区分がなされています。

登録したのに見放題じゃないの?

このあたりがよくわからなくてハードルになっているという人は多いはずです。私もです。だからずっとHuluしか使ってませんでした。

「見放題作品」というのは、文字通り見放題です。U-NEXTに登録さえすればいつでも見ることができます。
「レンタル作品」は自分の持っているポイントを消費して見ることができる作品です
U-NEXTでは、1ポイント=1円です。アニメはだいたい330円、実写の映画(洋画)は550円のものが多いです。

レンタルと見放題の絞り込み・見分け方

月額料金とは別に、さらに課金が必要ってこと?

これについては、必ずしもそうではありません

U-NEXTに登録して、毎月お金を払いますよね。そうすると、そのタイミングで1200ポイントが付いてきます。つまり、1200ポイントを毎月うまくやりくりすれば「月額料金のみ」で利用することができます。足りないときだけ買い足します(ポイントチャージといいます)

毎月チャージされるポイントは90日、買い足したポイントは180日有効です。この範囲内なら持ち越せるので便利ですね。

31日間の無料体験でも、「見放題作品」はすべて視聴可能、そして600円分のポイントもついています。これを使って「レンタル作品」を見ることができます(本や雑誌も読めます)
この「31日間」を過ぎると自動で課金されてしまうのと、600ポイントを超えて動画を見ると追加料金が発生するので要注意ですが、それさえ気を付けていれば大丈夫なので、試してみてください。

家族内でアカウントを分けて管理できる

1つの契約で、最大4人まで使うことができます。
「別に、アカウント分けなくてもみんなで使えばいいじゃない」と思うかもしれませんが、兄弟それぞれ別の番組を見たい時だってあるはずです。そんな時にも便利なのがこの「ファミリーアカウントサービス」です。

「同じ時間に、複数のデバイスで視聴する」というのは他のサービスでは不可能なところが多いです。 Huluではできません。Netflixは加入するプランによります。

1人暮らしの場合は気にしなくてもいいのですが、家族・兄弟がいる場合「同時視聴」はとても便利なので要チェックです。

また、「子供にアカウントを割り振って、うっかりポイント購入ボタンを押しちゃったらどうしよう」と心配になるかもしれませんが、購入制限や視聴制限ができる「ペアレンタルロック」というものがあるので安心してくださいね。

まとめ

U-NEXTはHuluやNetflixと比べると動画の数も多く、洋画・海外ドラマにとにかく強いサービスです。 英語字幕は出せないものの、英語字幕を見ながら映画で勉強をするのはかなり上級者向けの方法なので、どちらかというと娯楽に重点を置いて英語に触れたいという方に合っています。

動画サービスには珍しいスロー再生機能もあり、絞り込み検索も使いやすいためストレスフリーで楽しめます。

最初は料金システムに若干戸惑うとは思いますが、すぐに慣れてしまうと思います。

まずは無料体験で31日じっくり試して検討してみてくださいね。

@mitomama_eigoさんをフォロー

 @mitomama_eigoをフォロー