【グリム童話】を英語で読む 初心者でも大丈夫!

グリム童話の「読み比べ」はいかが?

海外の昔話といえば最初に思いつくもののひとつに「グリム童話」があるのではないでしょうか。白雪姫やシンデレラなど、話の細かい部分は様々でも、ほとんどの人があらすじを知っているかと思います。

そんなグリム童話集は、もちろん英語版も出版されています。話の構成や文章がとてもシンプルなので、英語初心者にもおすすめです

無料で読めるものもあるので、いくつかご紹介しますね。「多読用の本を探している」という方も参考にしてみてください。


電子書籍でも読める「グリム童話集」

紹介後にまた触れますが、グリム童話はバージョンによって細部が異なるものもあります。ここでは「白雪姫」と「シンデレラ」を例にしながらそれぞれご紹介します。

Grimm’s Fairy Stories

物語は25話収録されています。

タイトルも白雪姫は「LITTLE SNOW WHITE」、シンデレラは「Cinderella」と、お目当ての話があるなら探しやすくなっています。

話の結末ですが、白雪姫のお母さんはあっさり死んでしまうし、シンデレラのお姉さんはハトに目をやられません。かかとは切り落とすけど。

Grimm’s Fairy Tales

62話収録でボリュームたっぷり!

セリフ部分は字体が変えある箇所もあり、電子書籍としてもかなり見やすいです。ただ、タイトル表記はちょっと「ん?」と思うものもあるかもしれません。白雪姫はSnowdropでシンデレラはAschenputtel(ドイツ語タイトル)です。

話は、先に紹介した「Grimm’s Fairy Stories」に収録されているパターンとほぼ同じです。

Snowdrop and Other Tales

30話収録です。

レイアウト的に、ちょっとぎゅうぎゅう詰め込んだ感じがして読みにくいと感じるかもしれません。この本のタイトル表記もシンデレラはAschenputtelになっています。

先に紹介した2つとの大きな違いは、物語の結末です。白雪姫もシンデレラも、なかなかえぐいです

筆者が昔読んでいた本の最後はコレなので「これだー!!」となりました。なので個人的には一番おすすめです。


紙の本で読む「グリム童話」

こちらは電子書籍ではないので、お近くの書店や通販を利用してください。

【子供にもおすすめ!】やさしい英語で読む グリム童話 (音読CD BOOK)

created by Rinker
¥1,320 (2020/09/20 14:13:05時点 Amazon調べ-詳細)

15話収録です。

英語学習用の本なので、ポイントになる単語に注釈があったり、巻末に単語リストがあります。英語・日本語の朗読CDもセットです。

フルカラー・イラストつきで、子供にもおすすめです

グリム童話の「修正」

同じ「グリム童話集」と名の付く本を読んでも、若干結末などが違うことがあります。

例えば、私の知る「白雪姫」の結末は「悪いお母さんが焼けた靴を履かされ、踊りながら死ぬ」というものでした。ですが、紹介した本のように、このシーンが丸ごと無いバージョンもあります。

これは、「残酷なシーンが童話には不適切だ」というクレームを受けたので、グリム兄弟が修正を行ったためです。

同じ「童話」というジャンルではアンデルセン作のものもありますが、あちらはひたすら「悲しい」というイメージが強いです。一方で「嫌なヤツに容赦なし!!」という感じのグリム童話も、私は結構好きでしたよ。

童話集がいつ出版されたのかによって、そんなちょっとした違いも楽しむことができるので、興味があれば読み比べてみてくださいね。


電子書籍というものがよくわからない!」という場合は、こちらの記事を読んでみてください。


@mitomama_eigoさんをフォロー

 @mitomama_eigoをフォロー