【英検ネットドリル】これ一つで!旺文社の最強英検対策

こんにちはー!
元子ども英語講師のちゅみママです。
英語力をはかる一つの手段として今なお根強い「英検」。
私も受験経験がありますし、講師側として英検対策をして経験もあります。
そんな私がとても気に入った英検対策教材、【英検ネットドリル】をご紹介します!

【英検ネットドリル】って?

旺文社の英検®対策問題集とCDをひとつにまとめた、
パソコンとタブレットPC両方で学べる業界初の本格派ネット教材です。

英検対策と聞くと、本屋さんなどで取り扱われているペーパー教材を思い浮かべる人が多いと思います。私自身もそうでした。

ですので、初めてこの【英検ネットドリル】を体験した時の驚きったら…!
時代はどんどん便利になっていますね。使わなければもったいない!

ペーパー教材に比べ、はるかに効率的でスピーディーな学習を実現しています。
iPadなどのタブレットPCにも対応していますよ。

英検ネットドリルを見てみる

※英検ネットドリル公式サイトに飛びます。

ここがすごいよ!英検ネットドリル

1. 旺文社の大人気3冊が これひとつに集結

現在、各出版社から英検対策の本が出版されています。
旺文社は英検書書店売り上げNo.1!
そんな旺文社の英検対策本と言えば、こちらの3冊。

①でる順パス単

最新の英検データ分析に基づき「でる順」で単語を掲載。
全てに用例がついているので、単なる暗記にならず、効果的に学習できます。

②過去問題集

英検合格への道に必要不可欠な「過去問」。
6回分の過去問を解くことで、無駄なく出題傾向をつかむことができます。

③7日間完成 予想問題ドリル

本番形式の予想問題を解くことで、合格に向けた総仕上げを狙う。
よく出る単語・熟語・会話表現・文法などを短期間でおさらいし、本番の試験形式に慣れることができます。

以上の3冊の内容がギュッと【英検ネットドリル】に入っているんですよ!

3冊全てを持ち運んだり、音声のダウンロードをする手間も省けますよね。

2. ゲーム感覚で対策できる

試験やテストとなると、『自分の手を動かしてガリガリ勉強する時代』は変わろうとしています。
今は、より効率的に、よりスマートに学習ができる時代です。

タブレットやPCを使っての勉強は、ちょっとゲーム感覚で手軽にできるのが良いところ。

どんなに良い教材を揃えても、やらないと意味がないですよね。
ということは、『どれだけやる気にさせるか』がキーポイントとなってきます。

その点、【英検ネットドリル】はタブレットやPCを使う特別感がありますので、進んでやってくれるでしょう!

現在、英検は年に3回。
受験料もかかりますし、親としてはぜひ一発で合格してほしいところ。

英検の勉強は、中学・高校の英語の勉強にも繋がりますので、『英検のためだけ』ではなく、日ごろの英語学習の1つとしてとらえてみてくださいね。

3. ネット教材ならではのメリット

【英検ネットドリル】は書籍などのペーパー教材ではできないメリットがたくさん。
私が実際に体験してみて「すごい…!便利…!」と感動した部分は…

① 辞書機能が便利!

例えば、英検対策本で過去問の長文を解いたとします。
英文を読んで、選択肢から答えを選び、さぁ答え合わせ。
別冊の解答解説を読み、照らし合わせます。
ん?でも英文中のこの単語がわからない→単語を調べる→また問題に戻る…
と、なりますよね。

それが、【英検ネットドリル】だと、
意味の分からない単語にカーソルを当てるだけで、
単語の意味がでて、クリックすればすぐ発音がわかります。

② ネット教材ならではの学習機能

クリックひとつでの自動採点はもちろん、成績グラフ、チャレンジ回数、平均点など、実力を分析してくれます。

やればやった分だけ、確実な成果が見えると、お子さんのやる気もアップ。
親としても、ちゃんと身になっていると客観的に知ることができて安心です。

特に私が気に入った機能は、間違った問題だけをチェックしてリストアップ!
更に、苦手問題に即アクセス! 
再チャレンジして正解するとリストから消えます。

自分の苦手をそのままにせず、克服してからテストに望めますよ!

③ 二次試験対策もこれ一つでできる!

英検3級以上は、一次試験に合格すると、二次試験があります。
二次試験は、実際のコミュニケーションを通して英語能力を判断される試験です。

対象者に無料で対策をしてくれる学校もあると思いますが、何度も練習となると難しいですよね。
だからと言って、そのために英会話スクールに行くのも、手間もお金もかかります。

【英検ネットドリル】なら、二次対策も疑似体験して練習することが可能です。

これは体験版では体験できないのですが、
過去の英検二次試験で使用した問題が選べ、正解のコツやポイントを教えてくれます。

英検ネットドリルの料金・購入方法は?

英検ネットドリルは対応する級によって料金がかわります。

公式HPより

使用期間は、購入から1年間です。

こちらから購入し、すぐにPCやタブレットで使い始められます。

【英検ネットドリル】公式サイト

例えば英検3級のネットドリルの料金は9,000円です。

先ほどご紹介した、この【英検ネットドリル】に含まれる3冊の英検対策本の合計金額が、3,850円。

金額だけをみると、割高かな~?と思いますが、

勉強をする上での手間がなく、効率的に学習できますし、
ネットドリルならではのメリットや、二次対策もできること、
そして英検だけでなく、中学・高校の英語学習にもつながることを考えれば、
決して高くないと思います。

【英検ネットドリル】は小学校高学年以上をおすすめします!

英検対策を担当した経験のある私からみて、
英検ネットドリルは本当におすすめできる教材です。

いくら良い内容でも、子供がやる気にならなければ意味がありませんよね。
この【英検ネットドリル】は、内容も良く、子供がやる気になり、ちゃんと身につくように作られた教材だと思います。

ですが!どうか気を付けていただきたい!

最近では英検受験の低年齢化が進んでいるそうで、中には幼稚園や小学校低学年のお子さんがチャレンジすることもあるでしょう。

その場合、残念ですがこの【英検ネットドリル】はあまりおすすめできません。

それは、「ふりがな不足」だからです。

体験してみてわかったのですが、解説にはふりがながなく、例えば4択の単語の問題も容赦なく漢字が使われています。
つまり、親御さんがつきっきりで勉強することになります。
もちろん、内容はとても良いものですので、お子さんと一緒に取り組むのであれば大丈夫。
ひとりでどんどん解いて練習をさせたいという人には、残念ながら不向きです。

小学生、特に低~中学年で英検にチャレンジしてみようと思っている人は、
小学生用に作られたこちらの対策本がおすすめ。


created by Rinker
学研プラス
¥1,210 (2020/02/27 13:18:23時点 Amazon調べ-詳細)

親子で取り組むことにはなりますが、解説のレベルが易しく、文法などの専門的なこともかみ砕いてあります。

 

「小学校高学年以上で、効率的に英検対策できるものを探している」

「自分から進んで勉強してもらうのが理想的だなぁ」

「子どもと一緒に英検合格を目指したい!」

そんなママには、この【英検ネットドリル】をおすすめします!

英検ネットドリルを見てみる

※英検ネットドリル公式サイトに飛びます。

一口に英検と言っても、チャレンジする年齢によって、効果的なアプローチの仕方が違います。
親御さんがしっかり見極めて、スムーズにチャレンジできるようサポートしてあげましょう!