ワールドワイドキッズ【おうちで英語体験】レポート

ワールドワイドキッズ【おうちで英語体験】レポート

ワールドワイドキッズ(WK)は、ディズニー英語システム(DWE)に並ぶ、2大システム英語教材のひとつ。

「ちょっと気になってるんだよね」
「ディズニーの教材の方がいいのかなぁ?」

と悩んでいるなら、「おうちで英語たいけん」をおすすめします。

今回は3児の母である私、ちゅみママが「おうちで英語たいけん」を試してみましたので、当日の流れをレポートします。

2019年4月から新たに追加されたフォニックスの教材を実際に見たり、同じベネッセの教材である「こどもちゃれんじEnglish」との違いなども直接質問することができました。

当日の流れとあわせて、申し込み方法なども紹介していますので無料体験が気になっている方は参考にしてみてくださいね。


ワールドワイドキッズ(WK)とは

ワールドワイドキッズ(Worldwide Kids、略してWK)は、ベネッセの乳幼児向け英語教材です。

子どもが自然と英語を話し出す、おうちでホームステイ環境を作り出し、「話せる英語力」の習得にこだわって作られています。

オールイングリッシュの自宅用英語教材で、ディズニーの教材(DWE)と同じくらい人気もあります。

ディズニー英語システム(DWE)との違い

ワールドワイドキッズか、ディズニー英語システムかで悩むママは多いです。

金額について言えば、ディズニーは高いセットだと80万以上かかりますが、ワールドワイドキッズはトータルで30万円程度です(料金システムについては後で詳しく説明します)

ディズニーの教材は高額な分、サポート等が「至れり尽くせり」といった印象です。教材のカードが破れたりしても無償で交換してくれたりします。
一方ワールドワイドキッズの方は、(壊れたものだけ)単品で購入できますよ、という仕組みです。無償ではありません

また、ディズニーのように細かい目標設定や卒業制度は無いため、ワールドワイドキッズはのんびり進められるのですが、その分両親がしっかり管理する必要があります

学習内容としては、ワールドワイドキッズの方は2019年4月に新たにフォニックスを取り入れました。ディズニーには無い「フォニックスに特化した教材」が注目されています。

DWEの教材も気になる!」という場合はこちらの体験レビューもご覧ください!

資料請求と体験について

ワールドワイドキッズにも、ディズニー英語システムと同じく「資料請求」と「体験」があります。

無料サンプル申し込み(資料請求)

お試し教材

資料請求をすると、ワールドワイドキッズのおためし教材をもらえます。

絵本DVDパンフレットなどがセットになっています。DVDにはフォニックス教材の紹介も入っています

資料請求する

※Worldwide Kids公式サイトに飛びます。

教材体験

教材体験は以下の3種類があり、どれか一つだけ利用することができます。

  • おうちで英語たいけん
  • 教材無料貸し出し
  • 英語たいけんイベント

今回私が利用したのは、自宅でゆっくり相談しながら体験できる「おうちで英語たいけん」です。

この「おうちで英語たいけん」は一部地域では実施していないので、その場合は教材を家に送ってもらえる「教材無料貸し出し」を利用するのがいいでしょう。1週間じっくり体験でき、使い方など何か相談したいことがあれば通話料無料で受け付けてくれます。

英語たいけんイベント」は、教材の体験はもちろん、キャラクターショーも楽しむことができるイベントです。場所とタイミングが合えば申し込んでみてくださいね。

WK「お家で英語たいけん」レポート!

体験申し込み方法

私はWebから申し込みました。

必要事項を入力すると、後日担当のスタッフさんから日程調整や確認の連絡がきます。興味のある教材などを聞かれるので、もし具体的に検討している人は、この時点で伝えておくと良いと思います。

Webが苦手な方は、電話からでも申し込みOKですよ。

体験するともらえるプレゼント

ディズニー同様、体験に申し込むともらえるプレゼントがあります。ワールドワイドキッズの場合は以下の3つです(2020年4月時点)

  • 動物パズル
  • しかけ英語絵本
  • はじめての英語ずかん

これらの特典は「おうちで英語たいけん」「教材無料貸し出し」「英語たいけんイベント」のどれで体験をしても入手可能です!

体験当日の流れ

当日はこのような流れで体験が進みました。

  1. アンケート
  2. 教材紹介
  3. さわって体験
  4. 追加された「フォニックス教材」の紹介
  5. 価格支払いについて
  6. Q&Aタイム

詳しくレポートしますね!

アンケート

まずはアンケートに答えます。内容は、今日の体験で詳しく知りたいこと英語学習経験についてなどです。
このアンケートを元に「おうちで英語たいけん」が進んでいきます。

ディズニーの体験はパンフレットを元に話が進むプレゼン方式だったのに対し、ワールドワイドキッズは対話方式でした。もうすでに知っていることを説明してもらう無駄がないので、効率がよくスマートな印象でした。

教材紹介

さっそく、教材の説明にうつります。

ワールドワイドキッズは全部で6つのステージに分かれています。Stage 0 ~ Stage 6 まで、以下のようにテーマ別になっています。

  • 【Stage 0】英語の音を感じてみよう
  • 【Stage 1】英語の世界で新しいお友達と出会おう
  • 【Stage 2】世界のいろいろなことに耳を傾けてみよう
  • 【Stage 3】自分の気持ちを自由に表現してみよう
  • 【Stage 4】自分から話しかけてみよう
  • 【Stage 5】よく考え、説明してみよう
  • 【Stage 6】世界の友達と遊ぼう

対象年齢は0歳~6歳です。
各ステージは年齢別ではなくテーマ別に分かれています。そのため1歳の子が Stage 6 の教材を使っても構わないそうです。

また、各ステージは以下の教材で構成されています。

Emotional Toys
カードや積み木、ごっこあそびの道具など、英語を使って遊べる玩具です。
DVDs
アニメやドキュメンタリーなどで英語に触れます。
Music Library(CD)
英語圏の子供たちが幼稚園で習うような定番曲多数
Picture Books + DVD
オリジナル絵本や名作絵本が3~4冊と、連動するDVDです。
Practical Toys
タッチペン対応の絵辞典や、ゲームができるもの。
My First Phonics Set
フォニックスにポイントを置いたDVDと絵本のセット。
Worldwide Parents
保護者向けの本。効果的に進められるような声掛けやポイントがのっています。

こどもチャレンジを想像してもらうとわかりやすいと思いますが、絵のテイストもバラエティーに富んでいて、子供の心を掴む教材がずらり!
また、天気や虫や動物の場面ではイラストではなく実際の映像や写真を使っているため、年齢が上がっても見ごたえがあるなぁと感じました。

さわって体験

次に実際の教材を使って説明が進みます。

もちろん子供たちにも自由に触らせてくださいました! 特にピクチャーブックタッチペンに食いつく我が子……。

カラフルなものが多く、さすがベネッセさん! といった印象。
触ってみた教材は以下の通りです。

  • パペット
  • ピクチャーブック
  • タッチペン
  • ネフスピール(積み木)
  • フォニックスのDVDや付録

ネフスピールというのはネフ社の出しているこのおもちゃです。子供の頃遊んだことがある方も多いのでは?

created by Rinker
ネフ社
¥18,480 (2020/09/20 02:14:36時点 Amazon調べ-詳細)

ネフスピールは Stage 3 の「Emotional Toys」としてセットになっています。

追加された「フォニックス教材」の紹介

新しく追加された「フォニックス教材」についても詳しく聞くことができました。

同じシステム英語教材として比較されるディズニー英語システム(DWE)との大きな違いが「フォニックス学習」に力をいれているところです。

乳幼児期に無理なく楽しく読み書きの土台作りができる【WK フォニックスプログラム】は小さな子も夢中になれる、以下の4ステップを踏まえた教材となっています。

  1. いろんな音にたっぷりふれ、
  2. 何度もくり返し遊んでまね、
  3. 英語の音と文字の関係に気づき、
  4. 拾い読みができるまで定着する

個人的には、赤ちゃんのころは英語の音にただただ浸らせ、フォニックスはもう少し年齢が上のほうが適齢期なのかな? と思っていました。

ですが、こちらの教材は遊びながら自然と文字や音に注意がいくようできていて、これなら自然な流れでフォニックスを取り入れられるな~と感じました。

価格・支払いについて

そしていよいよ価格について。

これはDWEとの比較によくでてきますのでご存知の方も多いとは思いますが、ずばり、WKはフルセット約30万円です

支払い方法は一括と分割が選べます。

一括で支払った場合、1週間ほどで全セットが届くそうです。
定期支払にした場合、2ヶ月に一度次のステージ分のセットが届きます。定期支払にしても、1年間で全セットが届く計算になります。

定期支払の場合は途中退会も可能です。例えば「Stage 3まで来たけど、もういいかな……」という場合は電話で連絡すれば途中退会ができます。

Q&Aタイム

せっかくなのでいくつか気になることを聞いてみました。

定期支払にするメリットはありますか?

システム英語教材を始めるって、ちゃんと続けられるか不安な方が多いんですよね。
定期支払の場合、もし途中で退会する場合でも、まだ届いていないセットについては手数料などなく、きちんと返金させていただきます。

同じベネッセさんの、こどもEnglishとの違いは何ですか?

到達目標が大きく違います。

WKはオールイングリッシュの教材で、英語でコミュニケーションを取れるレベルを目指します。そのため教材のつくりも、相手に考えを伝えられるように工夫されています。グローバルな子に育てたい、という想いに応えられるような内容になっているのです。

一方こどもちゃれんじEnglishは、しゃべれるようになることが目的ではありません。学校の勉強ができれば十分という子や、しまじろうが好きな子向け。

内容的には、こどもちゃれんじEnglish修了時の内容がワールドワイドキッズのStage1 修了にあたります。

もし壊れてしまったり、破れてしまったときは?

単品購入していただけます。
ただし、タッチペンなどの電子機器は1年間の保障がありますよ。

会員イベントは、いつ、どこで、どれくらい開催されますか?

東京、大阪、名古屋で行っています。

東京会場は新宿の新宿三井ビルディング。ベネッセの東京本部オフィスが入っている建物です。1回50分で、自分がそのとき学習しているステージ(0~6)に親子で参加できます。

事前予約が必要で、料金は親子ペアで2,160円~3,240円です。

他にアウトプットができる場はありますか?

ベネッセの英語教室「BE studio」では、0~3歳児向けコースでWKのカリキュラムと連動したレッスンを実施しています。


WK入会の勧誘について

アドバイザーさんを招いてまでお試しするからこそ、気になるのが当日やその後の勧誘です。

我が家にいらしたアドバイザーの方はとても感じがよく、押し売りをしてきたり、申し込みを焦らせるようなトークもありませんでした。純粋にWKについて、じっくりお話を伺うことができましたよ。

WKは中古でもいい?

正規購入するにはちょっと高い……でも教材自体は良さそうだな~」というときに考えるのが中古での購入です。

正規で購入するよりは安く手に入れることができますので、デメリットを理解した上で検討してもいいと思います。

中古で買うと「サポートが受けられない」「イベントに参加できない」といったデメリットがあります。そもそもこのあたりに興味がない場合は中古でも良さそうです。

注意点としては、フォニックス教材が追加されたのはわりと最近なので、(フォニックス目当ての場合)購入時はセット内容をよく確認する必要があります

中古であっても決して安い教材ではないため、無料体験は必ずして、セット内容を理解しておくことが大切です。

このあたりについては、DWEを中古で買うときの注意点とほぼ同じですね。よろしければこちらも参考にしてみてください。

WKを体験してDWEと比較しよう!

ワールドワイドキッズ(WK)は良くも悪くも「自由度の高い教材」です。
「おうちで英語たいけん」をしたことで、実際の教材に触れられたため、WKを使っておうち英語をやっていくイメージが具体的になりました。

以下のような方にはぜひ無料体験をおすすめします。

  • ベネッセの教材が好き(テイストが似ています)
  • フォニックスに力を入れたい
  • システム英語をなるべく手軽に始めたい
  • DWEとWK、どちらが良いか悩んでいる

お子様の反応も見られますし、アドバイザーの方はお話がとても上手ですので、もし本当に購入を検討されている人は、パパ同席もおすすめですよ!

ディズニー英語システム(DWE)の体験も気になる、という場合はこちらのレポートも参考にしてみてくださいね。両方とも体験してみるのが一番いいですよ。


@mitomama_eigoさんをフォロー

 @mitomama_eigoをフォロー

ワールドワイドキッズ【おうちで英語体験】レポート” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。