【英文法】はこうやって学ぶ! レベルや目的別に参考書を選ぼう

語学の醍醐味のひとつ、文法。ルールを把握し、暗号解読のように意味を拾っていくのはどきどきしますよね!

今回は、そんな英文法をマスターしたい! という方に向けて学習のポイントをお届けします。目的別におすすめの参考書も一覧で紹介しています。


英文法学習のポイント

まずは、参考書選びと購入後の使い方について、頭に入れておきましょう。ポイントは以下の7つです。

  1. 自分が直感的にいいと思った1冊を選ぶ
  2. 基本的には1冊を何周もやり込む
  3. 1ページ目から順番に読まなくてもOK
  4. 例文は音読し、マスターする
  5. 理解 → 実践の繰り返しで使えるようにする(最終的には文章を自作する)
  6. 問題を解くときは、根拠も必ず考える(勘で当たっても意味ない)
  7. 使い分けも効果的(辞書型の参考書で理解を深め、演習が多めの問題集で場数を踏む等)

おすすめ参考書一覧

ここからはおすすめの参考書の紹介です。「ゼロから英文法を学ぶ人」「大学受験生や中級以上の人」「英会話に直結させたい人」それぞれの目的に合うものを選んでいます。

ゼロから英文法を学ぶ人向け

created by Rinker
J リサーチ出版
¥1,540 (2020/09/19 16:26:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
KADOKAWA
¥1,650 (2020/09/19 21:30:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
株式会社アルク
¥1,870 (2020/09/19 21:30:40時点 Amazon調べ-詳細)

大学受験生や中級以上の人向け

created by Rinker
¥1,672 (2020/09/19 15:56:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,540 (2020/09/19 15:56:03時点 Amazon調べ-詳細)

英会話に直結させたい人向け

created by Rinker
¥1,870 (2020/09/19 21:30:42時点 Amazon調べ-詳細)


英文法学習用の参考書をざっと一覧でご紹介しました。

参考書の使い方やおすすめポイントは、目的別でそれぞれまとめてあります。こちらもぜひご覧ください。↓


@mitomama_eigoさんをフォロー

 @mitomama_eigoをフォロー