【BTS Permission to Dance】英語歌詞の意味は?和訳&全歌詞解説

『Dynamite』『Butter』と全英語歌詞の楽曲を続けて発表し、ものすごい勢いで全世界にファンを増やしているBTS (防弾少年団)。

そんなBTSが早くも第三弾『Permission to Dance』をリリースしました。
Youtubeに公開された『Permission to Dance』の公式MVは、早くも2億回に届きそう!(2021年7月24日現在)

コロナ禍の暗い気持ちを明るくしてくれるような、ノリノリのダンスナンバー!
『Permission to Dance』の英語歌詞を理解して、より楽曲を楽しみましょう。


BTS Permission to Dance 全歌詞

It’s the thought of being young
When your heart’s just like a drum
Beating louder with no way to guard it 

When it all seems like it’s wrong
Just sing along to Elton John
And to that feeling, we’re just getting started

When the nights get colder
And the rhythms got you falling behind
Just dream about that moment
When you look yourself right in the eye, eye, eye
Then you say

I wanna dance
The music’s got me going
Ain’t nothing that can stop how we move yeah

Let’s break our plans
And live just like we’re golden
And roll in like we’re dancing fools

We don’t need to worry
‘Cause when we fall we know how to land
Don’t need to talk the talk, just walk the walk tonight
‘Cause we don’t need permission to dance

There’s always something that’s standing in the way
But if you don’t let it faze ya
You’ll know just how to break

Just keep the right vibe yeah
‘Cause there’s no looking back
There ain’t no one to prove
We don’t got this on lock yeah

The wait is over
The time is now so let’s do it right
Yeah we’ll keep going
And stay up until we see the sunrise
And we’ll say

I wanna dance
The music’s got me going
Ain’t nothing that can stop how we move yeah

Let’s break our plans
And live just like we’re golden
And roll in like we’re dancing fools

We don’t need to worry
‘Cause when we fall we know how to land
Don’t need to talk the talk, just walk the walk tonight
‘Cause we don’t need permission to dance

Da na na na na na na
Da na na na na na na
Da na na na na na na
No, we don’t need permission to dance

Da na na na na na na
Da na na na na na na
Da na na na na na na

Well let me show ya
That we can keep the fire alive
‘Cause it’s not over
Till it’s over say it one more time Say

I wanna dance
The music’s got me going
Ain’t nothing that can stop how we move yeah

Let’s break our plans
And live just like we’re golden
And roll in like we’re dancing fools

We don’t need to worry
‘Cause when we fall we know how to land
Don’t need to talk the talk, just walk the walk tonight
‘Cause we don’t need permission to dance


BTS Permission to Dance 歌詞解説

それでは、ここから『Permission to Dance』を和訳しながら、歌詞解説をしていきたいと思います。

It’s the thought of being young
When your heart’s just like a drum
Beating louder with no way to guard it

若い時のことを考えると
胸がドラムのように高鳴るんだ
抑えようがなくてどんどん鼓動が大きくなる

being young」は「若い人たち」という意味があります。
just like〜」で「〜のような
BTS の全英語歌詞が話題になった『Butter』の中にも「just like」がたくさん使われていました。
会話の中でも「〜って感じ」というニュアンスで多く使われます。

no way to〜」は「〜する方法がない、すべがない

When it all seems like it’s wrong
Just sing along to Elton John
And to that feeling, we’re just getting started

全部が間違いのように思えても
エルトンジョンの曲に合わせて歌おう
「まだ始まったばかりだ」って思えるから

it seems like〜」は「〜みたい/ようだ

歌詞の中では「全てが間違いみたい」とマイナスな表現でこのフレーズが使われていますが、
It seems like
everything is going well.
(全てが上手くいっているみたい)
と、前向きなフレーズでもよく使われます。

エルトン・ジョン(Elton John)は『Your song』やライオンキングの『Can you feel the Love Tonight』など、数々の名曲を生み出しているアーティスト。

この歌詞を受けて、エルトン・ジョンは公式Twitterで
「When it all seems like it’s right, I sing along to @bts_bighit(全て上手くいく気がする時はBTSの曲に合わせて歌うよ)」
とツイートし、話題を呼びました。

When the nights get colder
And the rhythms got you falling behind
Just dream about that moment
When you look yourself right in the eye, eye, eye
Then you say

夜が冷え込んで
周りに乗り遅れていると感じたら
あの瞬間を夢見よう
君が君自身をまっすぐ見つめる時
そしてこう言うよ

get colder」で「冷え込む

fall behind」は「後れを取る」という意味があり、
・I’m falling behind schedule.
(予定より遅れている)
・He’s falling behind in class.
(彼は勉強が遅れている)
のように使います。

I wanna dance
The music’s got me going
Ain’t nothing that can stop how we move yeah

踊りたい
音楽が僕を動かす
なにも僕たちを止められない

get 人 going」で「動かしてくれる」→「気分が上がる」という意味です。
 

例えば•••
・This song gets me going!
(この曲気分が上がる!)

・You really know how to get me going! 
(わかってるね〜!)
この場合、直訳すると「私を動かす方法をよく知っているね」ですが、つまりやる気にさせる方法をよくわかってるね〜!という意味ですね。

Let’s break our plans
And live just like we’re golden
And roll in like we’re dancing fools

計画は壊してしまおう
ただ輝いて生きていこう
そしてダンスに夢中になって楽しもう

fool」は「愚か者/あほ/呆れたやつ」などあまり良い意味の単語ではありませんが、
日本語でも「勉強バカ」「鉄道バカ」など、何かに夢中になっている人のことを「○○バカ」と表したりしますよね。

We don’t need to worry
‘Cause when we fall we know how to land
Don’t need to talk the talk, just walk the walk tonight
‘Cause we don’t need permission to dance

心配する必要なんてない
だって落ちたって着地の仕方を知ってるから
会話なんていらない
今夜はただ歩こう
僕たちが踊るのに許可なんていらないから

「When we fall we know how to land」
素敵なフレーズですよね!

fallには色々な意味が込められていて、「気分が落ちたり、上手くいかなかったり、転んだりしても、ちゃんと着地できる。大丈夫だよ」という意味が込められています。

「we don’t need permission to dance」
曲のタイトルでもあるこのフレーズ。

歌詞全体からわかるように、「dance」=「体が勝手に動き出すようなワクワクすること、楽しむこと」つまり、「楽しむための許可はいらないでしょ?じゃあもっともっと人生を楽しんでいこうよ」という熱いメッセージが込められていそうですね。

There’s always something that’s standing in the way
But if you don’t let it faze ya
You’ll know just how to break

進む道に邪魔はつきものさ
でもそんなものに動揺しなければ
どう突破すればいいかわかるはず

faze」は「動揺する、困惑する、心を騒がせる」という動詞です。

「if you don’t lei it faze」の「it」が指すのは「進む道にいつもある”something”」。
行く手を阻む”something”に邪魔をされるのを許さなければ→つまり、「いちいち動揺したり気にしなければ」という意味にとれます。

Just keep the right vibe yeah
‘Cause there’s no looking back
There ain’t no one to prove
We don’t got this on lock yeah

いい雰囲気をそのままキープして
振り返らなくていいから
説明する必要もないよ
僕たちは止められたりしないさ

prove」は「証明する、説明する」という動詞です。

「There ain’t no one to prove」=「説明する人は誰もいない」
→説明しなくていいよ、言い訳を考える必要はないよというフレーズですね。

The wait is over
The time is now so let’s do it right
Yeah we’ll keep going
And stay up until we see the sunrise
And we’ll say 

待つのは終わった
今、時が来た さあ楽しもう
僕たちは進み続ける
日の出が見えるまで起きていよう
そして僕らは言うだろう

MVでマスクをパッと外すシーンが話題を呼びましたね。
コロナ禍で「待つこと」を強いられ続けているこの時代へのメッセージだとも言われています。

コロナによって暗いニュースを耳にしがちな日々でしたが、予防接種も進み、徐々に光が見えてきた世界と相まって、「あともう少しで”we see the sunrise”(日の出が見える)、楽しむ準備はできてる?」という気持ちが込められているようですね。

I wanna dance
The music’s got me going
Ain’t nothing that can stop how we move yeah

踊りたい
音楽が僕を動かす
なにも僕たちを止められない

Let’s break our plans
And live just like we’re golden
And roll in like we’re dancing fools

計画は壊してしまおう
ただ輝いて生きていこう
そしてダンスに夢中になって楽しもう

We don’t need to worry
‘Cause when we fall we know how to land
Don’t need to talk the talk, just walk the walk tonight
‘Cause we don’t need permission to dance

心配する必要なんてない
だって落ちたって着地の仕方を知ってるから
会話なんていらない
今夜はただ歩こう
僕たちが踊るのに許可なんていらないから

Well let me show ya
That we can keep the fire alive
‘Cause it’s not over
Till it’s over say it one more time Say

見せてあげよう
僕たちは火を灯し続けられる
まだ終わっていないから
終わりのその時まで もう一度言ってよ

fire」「」は色々意味がありますね。
燃えるもの=熱い思い、気持ち•••

keep A B」で「AをBの状態に保つ」です。

「大変な状況だけれど、挫けたりしない」「まだ終わっちゃいない」という前向きで熱いメッセージが込められたフレーズです。

まとめ

英語の歌詞を紐解いてみると、日本語と英語の言葉の結びつきを強く感じます。

単語帳では頭に入らない熟語やフレーズも、音楽と一緒にスッと覚えられたり。
お気に入りの曲をきっかけに、フレーズの引き出しや語彙力をアップしていけるといいですね。

特に幼少期に耳にした曲は一生ものだと言われています。
小さなうちから英語の曲を聞き流したり、口ずさんだりすることで、生きた文法を自然と身につけられるってすごいと思いませんか?

子どもの英語教育についての記事もありますので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。


@mitomama_eigoさんをフォロー

 @mitomama_eigoをフォロー