【BTS Butter】英語歌詞の意味は?全歌詞解説

今世界中から注目の的となっている韓国の7人組ボーイズグループBTS(防弾少年団)

初めての全編英語歌詞の楽曲『Dynamite』では、韓国人アーティスト初の全米第1位という快挙で世界を沸かせ、数々の音楽賞を受賞しました。


そんなBTSがリリースした、2枚目の全編英語歌詞『Butter』が早くもビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で初登場1位を獲得!

YouTubeで公開されたMV動画は、 3億万回再生を突破。(2021年6月4日現在)

『Butter』のミュージックビデオは、公開24時間で再生1億820万回を記録しました。
これは、YouTubeで公開されたミュージックビデオ史上、24時間での最多再生回数を記録。

瞬く間に世界的アーティストに成長したBTS。

ポップで爽やかなダンスナンバーで大ヒット中の『Butter』の英語歌詞の意味を理解して、より楽曲を楽しんでみましょう!


BTS Butter 全歌詞

Smooth like butter 
Like a criminal undercover
Gon’ pop like trouble
Breakin’ into your heart like that  

Cool shade stunner
Yeah I owe it all to my mother
Hot like summer
Yeah I’m makin’ you sweat like that

Break it down

Oh when I look in the mirror
I’ll melt your heart into 2
I got that superstar glow so
Do the boogie like

Side step right left to my beat (heartbeat)
High like the moon rock with me baby
Know that I got that heat
Let me show you ‘cause talk is cheap
Side step right left to my beat (heartbeat)
Get it, let it roll

Smooth like butter
Pull you in like no other
Don’t need no Usher
To remind me you got it bad

Ain’t no other
That can sweep you up like a robber
Straight up, I got ya
Makin’ you fall like that

Break it down

Oh when I look in the mirror
I’ll melt your heart into 2
I got that superstar glow so
Do the boogie like

Side step right left to my beat (heartbeat)
High like the moon rock with me baby
Know that I got that heat
Let me show you ‘cause talk is cheap
Side step right left to my beat (heartbeat)
Get it, let it roll

Get it, let it roll
Get it, let it roll

No ice on my wrist I’m that n-ice guy
Got that right body and that right mind
Rollin’ up to party got the right vibe
Smooth like butter
Hate us love us

Fresh boy pull up and we lay low
All the playas get movin’ when the bass low
Got ARMY right behind us when we say so
Let’s go

Side step right left to my beat (heartbeat)
High like the moon rock with me baby
Know that I got that heat
Let me show you ‘cause talk is cheap
Side step right left to my beat (heartbeat)

Get it, let it roll

Smooth like (butter)
Cool shade (stunner)
And you know we don’t stop

Hot like (summer)
Ain’t no (bummer)
You be like oh my god
We gon’ make you rock and you say (yeah)
We gon’ make you bounce and you say (yeah)

Hotter?
Sweeter!
Cooler?
Butter!

Get it, let it roll

BTS Butter 歌詞解説

ここからは『Butter』の英語歌詞を和訳しながら解説します。

直訳では魅力が伝わりにくいですので、意味やニュアンスを大切に見ていきましょう。

Smooth like butter 
Like a criminal undercover
Gon’ pop like trouble
Breakin’ into your heart like that

バターのように滑らかに
正体を隠した悪党のように
突然のトラブルのように
君の心に侵入するよ

smooth like butter」 は「バターのように滑らかに」ですが、
つまり滑らかに、スムーズに、= かっこよく、スマートに という意味です。

criminal」は「犯罪者」などマイナスイメージの単語ですが、これは2番の歌詞で「僕たちは君の心を盗む泥棒」と表していることを受けて、「criminal」を使っていると思います。

Cool shade stunner
Yeah I owe it all to my mother
Hot like summer
Yeah I’m makin’ you sweat like that

Break it down

サングラスをしたクールな姿
母親のおかげさ
夏のように暑く
汗をかかせてあげる

見せてあげるよ

stunner(すごく魅力的な人)、mothersummerで韻を踏んでいて気持ちがいいですね!

I owe it all to you」で「全てあなたのおかげ」というフレーズがあります。
この歌詞の場合は、容姿端麗は母親譲りと言う意味が込められていますね。
また、この『Butter』は今まで応援してくれていたファン(ARMYと呼ばれます)や家族への愛情が詰まった曲と言われていますので、家族への感謝の意味を込めたのかもしれません。

Break it down」は歌詞でよく耳にする英語フレーズかと思います。
意味は色々ありますが、「わかりやすく説明する、噛み砕く」という意味があります。

Oh when I look in the mirror
I’ll melt your heart into 2
I got that superstar glow so
Do the boogie like

鏡をのぞけば
君の心を2つに溶かす
スーパースターの輝きを手に入れたから
こんな風に踊ってみて

melt は「溶ける」の意味があります。
melt your heart into 2 というのは、「少し溶ける」程度ではなく、2つになってしまうほど「夢中にさせる」というイメージです。

Side step right left to my beat (heartbeat)
High like the moon rock with me baby
Know that I got that heat
Let me show you ‘cause talk is cheap
Side step right left to my beat (heartbeat)
Get it, let it roll

僕の鼓動に合わせて 右へ左へステップを踏んで
月の高さまでアガって 一緒に楽しもうよ
僕の熱さがわかるでしょう
君に見せてあげる 言葉はいらないから
鼓動に合わせて ステップを踏んで
さあ 始めてみよう

talk is cheap」で「おしゃべりは安っぽい」=「言葉では上手く表せない」という意味が込められています。 

他にも
・beyond words
・can not express in words

などと表しますよ。

Smooth like butter
Pull you in like no other
Don’t need no Usher
To remind me you got it bad

バターのようになめらかに
他の誰より 君を惹きつける
説明なんていらないよね
君が僕に夢中なのは

「Don’t need no Usher」を解説しましょう。

歌詞に出てくるUsherは、2000年前半に特に人気だったアメリカ人R&Bシンガーです。

「Don’t need no Usher」を直訳すると、「Usherは必要ない」
これではUsherに失礼な気がしますよね。
でも、実はその次の歌詞がポイントになってきます。

「To remind me you got it bad」という歌詞に出てくる、『You got it bad』(君は夢中になっている)は、Usherの有名な楽曲でもあり、「君が夢中になってること(『You got it bad』)を思い出すのに、Usherの代表曲『U got it bad』を持ち出さなくてもいいぐらいだよ」=夢中になっているのはもうバレバレだよ という意味が込められているのです。

英語の言葉あそびを使った面白い歌詞ですよね。 

Ain’t no other
That can sweep you up like a robber
Straight up, I got ya
Makin’ you fall like that

Break it down

他の誰にもできない
泥棒のように君を奪う
そう、君は僕のもの
夢中にさせてあげる

見せてあげるよ

ここでBTSのことをrobber「泥棒」と表現しています。
ここが1番の歌詞の「criminal」にかかってくるんですね〜。

サビは1番と同じですね。
キャッチーなメロディーに乗せて、「一緒に楽しもう」と言うメッセージが歌われています。 

No ice on my wrist I’m that n-ice guy
Got that right body and that right mind
Rollin’ up to party got the right vibe
Smooth like butter
Hate us love us

手首にキラキラした宝石はないけれど
魅力的な男でしょ
健やかな身体と心を持っている
いい雰囲気のところでパーティーに登場
バターのように滑らかに
僕たちを嫌いでも好きでも

キラキラした宝石は持っていないけれど、魅力的でしょ?と歌っています。
いや、本当に。(笑)
甘いマスクに高身長、歌って踊れて、トークも面白い•••。
世界中にARMYが増えていく理由がわかります。

Fresh boy pull up and we lay low
All the playas get movin’ when the bass low
Got ARMY right behind us when we say so
Let’s go

新顔があらわれたら大人しくしておこう
重低音が鳴り響けば みんな踊り出す
僕らの後ろにはARMYがいる
さあ行こう

これは諸説ありますが、Fresh Boy=他のアイドルやアーティストのことを指し、「君がもし他のアーティストに夢中になっても、じたばたしないよ。だってBTSの音楽がなれば身体が勝手に動き出してしまうでしょ?」という意味が込められているようです。

そしてBTSのファンの名称であるARMYが入っているあたり、彼らのファンへの熱い愛情が感じられますよね。

Side step right left to my beat (heartbeat)
High like the moon rock with me baby
Know that I got that heat
Let me show you ‘cause talk is cheap
Side step right left to my beat (heartbeat)
Get it, let it roll

僕の鼓動に合わせて 右へ左へステップを踏んで
月の高さまでアガって 一緒に楽しもうよ
僕の熱さがわかるでしょう
君に見せてあげる 言葉はいらないから
鼓動に合わせて ステップを踏んで
さあ 始めてみよう

Smooth like (butter)
Cool shade (stunner)
And you know we don’t stop

バターのように滑らかに
クールなサングラス姿
もう止まらないってわかってるよね

Hot like (summer)
Ain’t no (bummer)
You be like oh my god
We gon’ make you rock and you say (yeah)
We gon’ make you bounce and you say (yeah)

夏のように熱く
失望させない
「どうしよう!」ってなるほどに
僕らが盛り上げるから 
飛び跳ねるほどに

bummer」は日本語で「嫌なこと、失望」です。
ain’t」は「am not/ are not/ is not/ have not/ has not 」の縮約形です。
よく歌詞に出てきますので、覚えておきましょう。

Hotter?
Sweeter!
Cooler?
Butter!
Get it, let it roll

もっと熱く?
もっと甘く?
もっとクールに?
Butter!

さぁ始めよう

まとめ

BTSの大ヒット中シングル『Butter』の和訳解説はいかがでしたか?

勢いを増して世界中を夢中にさせるBTSの楽曲を深く知るお手伝いができれば嬉しいです。

音楽から英語に興味を持って、英語を学ぶ意力が強くなる人もいますよね。
英語を好きになるきっかけは人それぞれ!
「好き」の気持ちを武器に、英語を学んで世界を広げましょう。


@mitomama_eigoさんをフォロー

 @mitomama_eigoをフォロー

【BTS Butter】英語歌詞の意味は?全歌詞解説” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。